ペットのためにフローリングをコーティングしよう

自宅内での怪我が多い

犬や猫といったペットは外だけではなく家の中でも走り回ることが多いため、フローリングが傷つきやすくなります。また、ペットが怪我をする危険性も高いのでペットのことを考えてコーティングを施すことをおすすめします。

家の中でペットが怪我しやすい場所

  • リビング
  • イスやソファー周り
  • 寝室
  • キッチン
  • 階段
  • 玄関

ペットのためにフローリングをコーティングしよう

犬

大切なペットの怪我を防ぐ

外よりも自宅内で多い怪我の原因は主にフローリングとなっており、その理由は滑りやすいからです。中でも脱臼や骨折が多く、犬種によっては椎間板ヘルニアになりやすいのでフローリングの見直しをすると良いでしょう。

すぐにコーティングをする

フロアコーティングに時間がかかり、その間にどこかへ宿泊する必要があるためそれを考えると依頼するのが・・・と考えて躊躇っている人も多いのですが、ペット向けのコーティングであればその日で完了します。そのため、宿泊先を探す必要もなく、簡単に理想のフローリングを取り入れることができるでしょう。

滑るフローリングが原因でなりやすいペットの病気

膝蓋骨内方脱臼

トイプードルなどの小型犬がフローリングの滑りで起こすことが多い病気で、早めに治療しないと悪化していき、歩行も難しくなってしまいます。また、前十字靭帯断裂を併発する危険性もあるので歩行に問題がないか常に確認をしておくことが大切です。

椎間板ヘルニア

ミニチュアダックスフンドやコーギーなどの小型犬で多い椎間板ヘルニアも歩行が困難になり、また重症化すると脊髄軟化症を引き起こして亡くなってしまうこともあります。

股関節形成不全

股関節形成不全は遺伝性ということもありますが、遺伝性のほとんどは大型犬に見られます。小・中型犬の場合はフローリングのすべりが主な原因で発症するため、予防することが大切になります。

広告募集中